踊りの基本

なぜ踊りの基礎はバレエなのか?

踊りを習っている人の中にはバレエを嫌煙してしまう人もいると思います。

バレエのイメージといったら、タイツにレオタード姿で頭を引っ詰めつま先立ちで踊るヨーロッパのお姫様と王子様のおとぎ話みたいなイメージでしょうか?

しかし、バレエを体験したことのある人からしたらバレエの印象は正反対なものに近いでしょう。

マッチョで汗だくで足から血が滲むダンス(トゥシューズの中で皮が剥けたり血が出たりするため)だったり、見た目こそは美しく優雅に動いているようですが、実はとても肉体的で激しいスポーツと言えるくらい物凄くアスレティックな踊りなのです。

バレエの修練とバレエを表現することの違い

バレエは解剖学的にダンスにおける体の一つ一つの動きをエクササイズとして細かく紐解き、その型やメソッドを忠実に正しくなぞり繰り返し応用している踊り

その為ジャンルの違うダンサーにとっても踊りに役立つテクニック的な基本や体づくりのヒントを得ることができます。

一方表現としてのバレエは、テクニックを形として如何に正しく精密に完璧に美しく再現するかがポイントです。

きゅーろ
きゅーろ
精密で完璧であることを求められる分野だからこそバレエダンサーは毎日繰り返し基本を稽古しているんだね。

バレエは世界共通の踊りの学問

バレエ用語はフランス語が元になっていてそれは世界共通で使われています。このバレエ用語で表されている一つ一つの型や動きにはそれぞれに正しい方法とやるべき順序などがあります。

初心者やプロ関係なく基本的にバーレッスンから始まり、センターでのエクササイズから最後にジャンプのテクニックを練習するまでがレッスンの流れです。

テクニックには基礎のものからレベルの高い技まで様々ありますが、基本は全て同じシンプルな形と動作から始まります。そのシンプルな動きの習得が踊るための体づくりの大切な要素となっています。

オープンポジションを基礎とする洋舞(西洋舞踊)の基本

バレエはオープンポジションを基礎とし、それに基づいて身体の動かし方を習得していきます。バレエ以外の洋舞であるコンテンポラリーやモダンダンス、ジャズダンス等ではオープンはもちろんですがパラレルポジションもよく使います。フラメンコやラテンダンス等も、股関節から脚を開いて使う動きがたくさんあります。

バレエの基本を練習に取り入れながら踊るための基本の体を作っていきましょう。

ノンクラシカルダンサーも学んでおきたい!
身体表現が格段に豊かになる7つの基本のテクニック

①オープンポジションでスタンド
まずはオープンポジションで立つことで姿勢を整えます。足や股関節、背中や首から頭にかけての上半身のそれぞれの状態を意識しながら立つことで踊りの基本の姿勢を身につけます。

②プリエ
プリエという膝を屈伸させ腰を落とす動きは全ての運動の基礎と言っていいくらい重要なテクニックのひとつです。足腰の強さが要である武道や様々なスポーツなどと基本的な考え方は変わらず、足と腰が使えることで安定性が強化され動作をスムーズに運んでいけるようになります。

③タンデュ・ジュッテ
床をつたってポワントしていく動作で足の裏や足の指の感覚をしっかり感じながら動かし、足先や脚全体を動かす際のメリハリなども強化できます。

④パッセ
股関節と脚の動きの基本を感じることができます。例えば股関節が傾くとどう体が歪むかなど自分で感じながら正しい位置を探り、股関節を均等に保つためには脚をどのように動かしたらいいか、上体をどのように保つといいか、また片足立ちによるバランスや体の軸を習得するヒントになります。

⑤アティチュード
パッセからの応用で、股関節や体の軸を保ちながら動きに変容させていく際にアティチュードの形は大事な要素となります。脚全体を使うには股関節から動かすことを意識していく必要があるので、体の中心から派生した動きを練習することで踊る際の動きのダイナミズムが変わります。

⑥ピルエットとシェネ
回転の基礎。顔の切り返しや、軸の保ち方、回転の際のプレパレーションなどを修練するのに必須なテクニックです。綺麗に回れるようになると踊りにキレが出て、速度変化をコントロールできることで動いたあとの余韻を残したり表現も豊かになります。

⑦ルルベ
踊りの基本は立つこと・歩くことにありますが、床の上に立つときにどう体を引き上げどう身体的なバランスを維持するかの感覚をルルベポジションで立つことにより更に意識的に感じることができます。普段の動作に少し負荷をかける意味でもルルベは活用できます。