踊りの基本

足腰の運動の基本・プリエについて

生きていく上で立つこと・歩くことが生活の要となっているように、踊るうえでも立つこと・歩くことは動作の基本です。踊りは人の肉体あって生まれてくる表現だからこそ、生活の中の様々な考え方は踊りにもリンクしていると考えられます。

きゅーろ
きゅーろ
ダンサーはプリエをしない日はないのだ!
お宝ちゃん
お宝ちゃん
まさに!!昔よく師匠が言ってた言葉だよ!

プリエ

プリエ(plie)とは、フランス語で腕や膝などを曲げるという意味で踊りでは膝を曲げることを指します。プリエの基本にはドゥミプリエとグランプリエがあり、ドゥミプリエは踵が床についておけるギリギリまで膝を曲げた状態。グランプリエはドゥミプリエを通り越し更に深くプリエした状態。

プリエを習得することで得られる効果

体の安定性を強化できる
タメや間(ま)の表現が生まれる
動作をスムーズに運ぶことができる

体の安定性を強化できる

腰は様々なスポーツにおいて動作の起点となる場所です。武道で腰を落とすといった表現があるように、踊りにおいても腰をうまく使うことで土台が整いその上で上半身を自由に使うことができます。上半身が使えることで動作の際に全体の動きや動作のバランスが取りやすくなります。また、脚力の強化にも繋がります。

地面を足の裏でしっかりと捉えることを意識してみましょう。

タメや間(ま)の表現が生まれる

タメや間あいは踊りの腕が最も試される部分といっても過言ではないと言えるのではないでしょうか?自分の体重や柔軟性をコントロールしながら動きが空間と馴染む瞬間に自然と生まれてくる身体表現です。体のコントロール、タイミングのコントロール、そしてエネルギーが動き続けていることが重要です。体の周りの空間も感じることが大切です。

腰が床に近づいていくときに最もタメの強くなるポイントなので、呼吸をしながらゆっくりとプリエするようにしてみましょう。

動作をスムーズに運ぶことができる

プリエを円滑にできることで脚がバネのような役割を果たし動作と動作の繋ぎ目がスムーズになります。空間移動の際の反動を吸収するため動きが滑らかになると同時にスピード感やキレなども出すことが出来ます。

脚の筋肉に力を入れ過ぎないこと。筋肉に無理な力を入れると動きに制限が掛かってしまいます。呼吸を上手く使い全身一体でバネのように動いてみましょう。