BLOG

ブログ

人が生きていく上で立つこと・歩くことが生活の要となっているように、踊るうえでも立つこと・歩くことは動作の基本です。踊りは肉体あってこその表現であり、生活の上で体に関する様々な考え方は踊りにも比例していると考えられます。

プリエ


プリエ(plie)とは、フランス語で腕や膝などを曲げるという意味で踊りでは膝を曲げることを指します。プリエの基本にはドゥミプリエとグランプリエがあり、ドゥミプリエ踵が床についておけるギリギリまで膝を曲げた状態。グランプリエドゥミプリエを通り越し更に深くプリエした状態をいいます。

プリエを正しく習得することで得られる効果


・体の安定性と脚力を強化できる
・タメや間(ま)が生まれる
・動きをスムーズに運んでいくことができる

体の安定性と脚力を強化できる

腰は様々なスポーツにおいて動作の起点となる場所です。武道で腰を落とすといった表現があるように、踊りにおいても腰をうまく使うことで土台が整いその上で上半身を自由に解放させることができたり、脚の強化にも繋がります。地面を足の裏でしっかりと捉えることがポイントです。

タメや間(ま)が生まれる

タメや間あいは踊りの腕が最も試される部分といっても過言ではないと言えるのではないでしょうか?バネを収縮させる時みたいにエネルギーを圧縮させるような感じでプリエを試してみてください。腰が床に近づいていく時が最もタメの強くなるポイントなので、そこをしっかりとゆっくり満遍なくプリエするようにしてみてください。また、プリエをするときの体の上下運動の際に自分の周りの空間を感じる意識も大切です。体の周りを取り巻く空間への意識が伴うことで自然と間合いが調うようになります。

動きをスムーズに運んでいくことができる

踊りの基本は歩みであると言われているのは、やはり歩行は凡ゆる動きの基本になっているから。人間は歩行の際、あらゆる関節がうまく機能しながら自然と体重移動をして空間移動をしています。膝が曲がることで移動だけでなく上下運動など様々な方向に体を動かしていくことができます。そしてプリエの動きは全身で腰を落とすことによる安定感と共に、脚がバネのような役割を果たすことで動作と動作の繋ぎ目をよりスムーズにし、更に動きの速度などのコントロールもでき踊りのダイナミックさを出していくことができます。プリエを通過する際、くれぐれも脚の筋肉に力を入れ過ぎないことがポイントです。

POINT

動作と一緒に呼吸を意識しながらプリエをするようにしてみましょう。

【エクササイズ】
・バレエバーなど手を掛けられる場所でプリエの基本の確認をしてみましょう。
・プリエしそのまま足先ルルベからのスタンド
・プリエのまま左右前後に移動してみる
・プリエを通ってシェネ

関連記事一覧