BLOG

ブログ

IDEA

地球と繋がれ!そして、突き抜けろ!

それでいいのだ。 他人や社会の価値観に縛られる必要性が私にはない。 そして合わないからといってなんとも思わない。 だって好きなものもあれば好みでないものもあるのは当然のことだから、何かに縛られることはない。 自分が感じて、波長の合うものを自然と選んでいれば不幸にはならないし、とりあえずOK!だから何かの価値...

IDEA

私にとっての踊りとは・・・

踊りでどう食っていこうかなんて考えたことがない。自分が楽しくて踊っているのが常であるからその延長で踊りを教えたり、舞台に出演したりと、いつの間にか自分の進路が決まってしまっていたようなもの。今まで踊りを仕事だと一度も思ったこともない(踊りが仕事でなければ無職ということになってしまう 笑)。そんな感じでも自分...

IDEA

踊りを学ぶということ

ダンスは教えるものではなく、学びたいと思う者が自ら学びにいくものだと私は思う。教室で口を開けて、先生が与えてくれるものを待つのではなく、自分から勝手に観察し、考え、アウトプットしてみる。その繰り返しに過ぎないわけだが、まず踊りを学ぶ上で大切になポイントは”観察力”だ。観察することで体がどう動いているか、何が...

踊りの基本

回転の基本とシェネについて

踊りのジャンルによって様々な回転がありますが、ピルエットやシェネなどバレエの基礎に出てくる回転は幅広いジャンルで応用できる基本テクニックです。今回はシェネを通して移動回転のコツをお話ししていきます。 回転の基本 スポットをつける(進行方向にある目標物に視線を定める) 頭の切り返しを素早く行う 躊躇しない ス...

鑑賞

舞台「見えないランドセル」を観劇しました。

今日は藤井ごうさん演出の舞台のお知らせいただき、演劇集団Ring-Bong「見えないランドセル」を観に行きました。コロナ禍に助長される人々の不安感とストレスや児童虐待問題などを取り上げた内容となっていて、今だからこそ見たい作品であり、見て本当によかったと心から感じる素晴らしい舞台だった。 当たり前にあった人...

踊りの基本

動きの軌跡と体の立体感を感じよう!アティチュードの美しさについて

私が踊りの中で好きな形の一つにアティチュードという形があります。アティチュードはバレエの基礎テクニックです。なぜこの形が好きなのかというと、一言で”宇宙”といいますか、恒久的なエネルギーみたいなものを感じるからです。私は自分が踊るときにはあまり型にとらわれることが好きではないのですが...

踊りの基本

パッセから学ぶ骨盤の位置と全身のバランス感覚

パッセ ●仏:passe(過ぎる) retire(引っ込む) パッセの形はルティレともいう。片足の膝を曲げてもう片方の脚の膝あたりにつけたポジション。 (補足:パッセは本来ルティレを通る「動き」をさす) パッセの練習により得られる効果 ・重心の安定性とバランス感覚 ・骨盤の位置を保つ 骨盤の傾斜 脚を動かそ...

踊りの基本

地面を捉えよ!足先の基本とタンデュについて

人が生活する上で必要不可欠な動作といったら何よりも”立つ”ということ。
足の裏が床と接し、足先で体の全体重を支え、うまくバランスを取る。さらに足の指が地面を捉えることで踏ん張ることができる。

そして運動の基本として”歩行”ができます。
足から足へ重心を移動させながら空間を移動する。

もちろん足先だけでな...

踊りの基本

踊りは足腰が要!基礎のプリエについて

人が生きていく上で立つこと・歩くことが生活の要となっているように、踊るうえでも立つこと・歩くことは動作の基本です。踊りは肉体あってこその表現であり、生活の上で体に関する様々な考え方は踊りにも比例していると考えられます。 プリエ プリエ(plie)とは、フランス語で腕や膝などを曲げるという意味で踊りでは膝を曲...