LESSON

2022年10月DNZA.塾はじめます。

DNZA.塾とは

亀甲谷 宝による踊りを愛好する方のための学び場です。

運動の基本は歩行であるように、踊りの基本も「歩み」にあります。そして歩くということは、ただ二本の脚で立って距離を稼ぐということではなく、体全体が機能しながら一歩一歩を確実に踏みしめていくことなのだと様々な踊りを通し感じてきました。基本を知り本質を大切にするマインドを稽古を通して構築していきながら、それぞれが生涯を通して踊りと親しみ真から楽しんでいけることを目標としています。そのためには、人前で表面的に間に合わせる振り付け重視のクラスよりも、意識改革をするための学び場を共有する必要性があると感じて10月からDNZA塾という形で始めることにしました。

昨今は、ジャンルに関係なく振り付けを覚えることが踊りの稽古の主軸に置かれています。振り付けを覚えるということは一つの大切な学びです。しかし振り付けを数多く覚えることと体の使い方を学ぶこととは別のアプローチが必要です。例えるならば、難しい計算を丸暗記したけど、他の数字を入れたら応用が効かなくなるようなものです。つまり、振り付けとはランダムに変わる数字で、基礎の体の使い方とは様々な場面で応用できる計算式のようなものなのです。

踊りの本質は、基礎の鍛錬と稽古の継続にあります。
踊ることには満足するような地点もなければ終わりもありません。それは様々な武道と同様です。

踊りは魂の受け皿である肉体を通して、感覚や感性を研ぎ澄まし、魂の声を生身で表現していく一つの祈りであり芸術です。ただ芸術というポイントまで持っていくためには「表現」の技術を磨く必要があり、ただ与えられたものを踊っているだけではその地点まで持っていくことはできません。個人の考え方や思想といった部分、そして自ら生み出す作業が大切になってきます。ただ与えられた振りをやるだけではAIが踊るのと変わりありません。自分自身が何をどう考えるか、何を大切にしているか、個人の思想が技術と伴い、はじめてその人の芸術としての「踊り」となるのです。

無論、DNZA.塾では、表現力を磨けとか芸術に特化しろとは言いません。踊りを踊る目的はそれぞれ違うからです。芸術家を輩出するための専門学校でもなければ、そういう目的や願望が亀甲谷 宝には一切ありません。それぞれの人の考えと目的を尊重した上で、次の内容を塾生及び受講生の心得とさせていただきます。

塾生・受講生の心得

一、稽古の継続を心懸けること。

定期的に受講できない場合は、単発受講制度もあります。また休まざるを得ない場合、休会費の制度も設けました。学びたいという意志があるならば、続ける意志を示していただければ決して見放しはしません。(休会費の支払いがない場合は自動的に退会となります。)

一、感じたつもりになるのではなく、自分の体のことを本質的に「考える」習慣を身につけること。

言うまでもなく健康を維持する習慣を大切にするということです。踊りをする者にとって身体は、音楽家にとっての楽器も同然。健康を考えるということは、踊りの面では大切な楽器をメンテナンスするということでもありますが、何より身体は生きるための土台そのものです。健康の基本である食や生活習慣を自ら調える意識を持つことで、怪我や病気に至らない体づくりをしようという気持ちが前提になければ、踊りを踊る以前の問題なので本質を大切にできる気持ちがある方のみ入会してください。

一、踊りをする限り「発散」ではなく「表現」であるということを最低限認識すること。

肉体と対話し、己を見つめ、思想を深め、そして精神と肉体を通して一人の人間としての思想を提示していくことが踊りの本質であるということ。その信念が亀甲谷 宝という舞踊家の中にあるということをご理解頂いた上で、真剣に学びたい方とのコミュニケーションや時間を大切にする場を作り上げていきます。

稽古

A. ダンスムーヴメント 〈BASIC〉

踊るための体づくりやテクニックの基礎を学ぶ。
体を内側から動かせるようになるための基礎稽古。
〈90分間〉

エクササイズ

ルイジジャズベースのエクササイズを通し全身のアラインメントを整えながら、体の中心から全体を動かしていくことにアプローチしていきます。エクササイズはバレエベースであり体の方向や姿勢を大切にしています。

クロスフロア

クロスフロアを通し様々なダンスに応用する踊りの基本テクニックを反復します。クロスフロアは空間を移動する練習でもあり、一つの動きを何回かやる毎に動きのコツを掴んでいきます。

振り付け

毎回の稽古の最後に、決めた一つの振り付けを課題曲として練習します。振り付けの更新頻度は決まっていません。受講される方ができるようになった時が新たな振り付けを入れるタイミングです。

稽古日

毎週水曜日 19:30
月4回

B. フラメンコテクニック 〈中級〉

フラメンコの足の打ち方の基礎と動きの基本を学ぶ。
初中級レベルのための講座。
〈75分間〉

稽古日

毎週木曜日 19:30
月4回

個人レッスン

1時間 7,000円

※スタジオのレンタル費用は受講者さま負担となります。

稽古場所

浦添市立中央公民館分館・第三研修室
〈住所〉浦添市牧港3丁目40-6

DNZA.塾や受講料金に関するお問合せ

下記のお問合せフォームまたは、danzatakara.ofc@gmail.comにご連絡ください。